PROCESS5 DESIGN




大阪を拠点に関西から全国まで対応する 店舗デザインと住宅設計、建築設計の一級建築士設計デザイン事務所のブログ
オフィシャルサイト
お問い合わせ先:
メールにて info@process5.com
電話にて 06-6536-6336
スタッフ・インターン募集中
会社概要
社名
(株)PROCESS5 DESIGN
一級建築士事務所

連絡先
〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-24 2F
tel:06-6536-6336
fax:06-6536-0660
mail:info@process5.com
hp:http://process5.com

会社理念
プロセスを大切に
プロセスファイブデザイン

大阪南堀江を拠点とする旅館店舗住宅建築の設計デザイン事務所。私たちはこの5つのプロセスを大切にデザインをさせていただいています。まずは「会話」をしましょう。お考えの「要望」・「ニーズ」・「ロケーション」をお聞かせください。きっとそこに新しい可能性が隠れているから。そしてあなたの「個性」と私たちの「個性」が出会い、永く愛してもらえる空間がカタチになります。すべて真っ白な状態から、ご一緒に。インテリアはもちろんのこと、テナント探し、企画段階から、お店づくりに必要なロゴ・販促ツールのデザインもトータルでお手伝いさせていただいております。 お気軽にお問い合わせください。

代表
武田憲昭 一級建築士

代表
吉澤生馬 インテリアデザイナー

山田凌太郎 設計デザインスタッフ

山田 裕水 設計デザインアシスタント

豊川侑大 設計デザインアシスタント

山根光星 設計デザインスタッフ

睫攤粍睫攤粍 設計デザインアシスタント

権唯希権唯希 設計デザインアシスタント

仕事の流れをご紹介

設計料
会社について・設計料


ブログアクセス数
access counter
today yesterday
主な業務
旅館・店舗の改装・新装・新築設計デザイン
マンション・住宅のリフォーム・リノベーション・新築設計デザイン
ロゴ・販促ツール・ウェブサイトのグラフィックデザイン
主な賞歴
2019年 German Design Award 2020受賞
2019年 ICONIC AWARDS 2019受賞
2019年 DNA Paris Design Awards受賞
2019年 A' Design Award Silver受賞
2019年 IDA DESIGN AWARDS受賞
2018年 日本建築家協会優秀建築選100選
2018年 K DESIGN AWARD受賞
2017年 K DESIGN AWARD受賞
2014年DFAA受賞
2014年NSD受賞
2013年JCD賞BEST100賞
2011年JCD賞BEST100賞
2010年コンクール部門賞
2009年コンテスト優秀賞
2008年実施設計競技1等
2007年ビエンナーレ入選
2007年コンペティション入選
2006年コンテスト佳作
2006年コンペティション入選
2005年実施設計競技2等
ドット
関連サイト
メディア掲載
architecturephoto.net 2017年(日本)掲載
designboom 2016年(日本)掲載
dezeen 2016年(イギリス)掲載
IGNANT 2016年(ベルリン)掲載
DIVISARE 2016年(イタリア)掲載
TIMES SPACE 2011年(中国)掲載
Interior World 2011年(韓国)掲載
AN 2011年(イタリア)掲載
月刊商店建築2011年掲載
4szoba.hu(ハンガリー)掲載
archdaily 2011年(チリ)掲載
KAIAK.TWI 2011年(台湾)掲載
dezeen 2011年(イギリス)掲載
BAMBOO MEDIA 2011年(日本)掲載
婦人画報2010年掲載
婦人画報2010年掲載
TIME SPACE2010年(中国誌)掲載
関西テレビ放送よ〜いドン!2010年掲載
月刊商店建築2009年掲載
月刊商店建築2009年掲載
テレビ朝日秘湯ロマン2009年掲載
カテゴリー
エントリー
リンク
その他
スタッフ(中途・新卒)を募集します
PROCESS5 DESIGNではスタッフ(中途・新卒)の募集を行っております。

現在私たちは住宅・ホテル・飲食店・オフィス・温浴施設・薬局・医療施設・集会所・集合住宅など、
様々な用途の建築とインテリアデザインのプロジェクトが全国で進行しております。
一緒にクライアントへ素敵な提案をしてくださる方を募集しております。
是非ご応募くださいませ。


中途採用
・応募資格:実務経験3年以上
・給与:経験とスキルを考慮いたします
・休日:日曜日・隔週土曜日・祝祭日・正月休暇・夏季休暇
・昇給:年2回
・各種社会保険完備
・交通費:上限2万円とし支給

新卒採用
・応募資格:2021年春に建築・デザインの専門教育学校を卒業なさる方
・給与:18万円〜
・休日:日曜日・隔週土曜日・祝祭日・正月休暇・夏季休暇
・昇給:年2回
・各種社会保険完備
・交通費:上限2万円とし支給


応募方法
下記の住所まで郵送もしくは下記のアドレスまで弊社を希望する理由を示した履歴書とポートフォリオをご送付くださいませ。
書類選考の上、面接の有無をお伝えいたします。
(書類のご返却はいたしませんのでご了承くださいませ)

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-24 2F
株式会社PROCESS5 DESIGN 武田宛
TEL:06-6536-6336
mail:info@process5.com





大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:PROCESS5 DESIGN
続きを読む >>

| PROCESS5最新情報 | 18:42 | comments(0) | - | process5 design official site |
スーパーホテル阿南・市役所前 竣工写真
徳島県阿南市にスーパーホテルとしては2棟目のホテル「スーパーホテル阿南・市役所前」の設計をお手伝いさせていただきました。
竣工後すぐに自粛期間に入りましたので、先日撮影を行い竣工写真が届きましたのでご紹介させて頂きます。


スーパーホテル阿南・市役所前
外観
阿南市役所からすぐですのでとてもわかりやすく、付近は低層の建築ばかりなのでランドマークとして遠くからも認識できます。

スーパーホテル阿南・市役所前
風除室
ドライモスをランダムパネルに配置し、施設サインとの一体感を図りました。

スーパーホテル阿南・市役所前
フロント
フロントバックの壁は阿南の伝統文化「藍染」色にグラデーションをかけた樹木をイメージしたモルタルアート
カウンターは置き家具をイメージさせ軽くカジュアルな印象を持っていただける様にデザインしました。

スーパーホテル阿南・市役所前
ラウンジ
ウェルカムドリンクや朝食が提供されます。
全体にリブランディングされたスーパーホテルのデザインコードを守りながら、
フロントでも用いた藍染を用いている。

スーパーホテル阿南・市役所前
客室フロアエレベーターホール

スーパーホテル阿南・市役所前
温泉

スーパーホテル阿南・市役所前
洗面脱衣室

温泉と洗面脱衣室は男女で異なるデザインとしています。

スーパーホテル阿南・市役所前
客室
正面のブラックミラーが空間に広がりをもたらし、手元灯もかねている。


用途:ホテル
竣工:2020年4月
設計監理:PROCESS5 DESIGN
施工管理:鳳建設
写真撮影:YFT 山田 圭司郎





大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:PROCESS5 DESIGN
続きを読む >>

| PROCESS5最新情報 | 15:12 | comments(0) | - | process5 design official site |
花園の集合住宅 竣工写真
4月末にお引き渡しをさせていただきました花園の集合住宅の竣工写真が出来上がりましたのでご紹介させていただきます。


花園の集合住宅
外観
木造3階建ての集合住宅です。

花園の集合住宅
前面道路からエントランスを見る。

花園の集合住宅
エントランス
自動扉の仕上げにはよく工事現場で目にするチェッカープレートを用いました

花園の集合住宅
エントランスホール

花園の集合住宅
内部階段室

花園の集合住宅
住戸内


計画場所は大阪市の南に位置する花園町である。
付近は沢山の住宅と商店が混在し、沢山の人々の往来があり賑やかな場所である。
このエリアは小さな町工場が沢山あった歴史があり、
私たちは設計するにあたり町工場が建ち並んでいた歴史をデザインに組み込みながら、
賑やかな付近の雑踏から住戸内では切り離された住民にとって静かな環境を作ることを目指した。


用途:集合住宅
竣工:2020年4月
事業主 :日本ユニスト
設計監理:PROCESS5 DESIGN
施工管理:アルフレンテ
写真撮影:YFT 山田 圭司郎



大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:PROCESS5 DESIGN
続きを読む >>

| PROCESS5最新情報 | 17:23 | comments(0) | - | process5 design official site |
THE HIGH HORIE マンションギャラリー竣工写真
京阪電鉄不動産様により現在建設が進められていますマンションTHE HIGH HORIEのマンションギャラリーの1タイプのデザインをお手伝いさせていただきました。

MIMEタイプ
高い天井高さを利用し、3フロアのスキップフロアとし、スキップの下部を収納としました。
弊社のデザインタイプのペルソナは女性に振り切り、スタイリッシュに生活をする女性像をイメージしながらデザインしました。

THE HIGH HORIE
夜景

THE HIGH HORIE
リビングから外部、ベットスペース方向を見る

THE HIGH HORIE
ベットルーム

THE HIGH HORIE
キッチンフロア含む3フロアの関係を見る

THE HIGH HORIE
シャンパンゴールドのフレームには照明器具が内蔵され、優しい光で空間を演出します。

小物もすべてセレクトさせていただき、
初めてのマンションギャラリーの設計でしたが、とても学びのあるプロジェクトでした。


大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:PROCESS5 DESIGN
続きを読む >>

| PROCESS5最新情報 | 09:29 | comments(0) | - | process5 design official site |
ゴールデンウィーク休業のお知らせ
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。

ゴールデンウィーク休暇期間
2020年5月2日(土)〜2020年5月6日(水)

※休業期間中にお問い合わせいただきました件に関しては、
2020年5月7日より順次ご対応させていただきます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:PROCESS5 DESIGN
続きを読む >>

| PROCESS5最新情報 | 20:11 | comments(0) | - | process5 design official site |
西成の集合住宅 お引き渡し
西成区で建設が進んでいました木造三階建ての集合住宅を昨日にお引き渡しいたしました。

西成の集合住宅
エントランスの自動扉には工事現場にあるようなチェッカープレートを使用しています。

ここ西成はかつては町工場が立ち並ぶ下町でした。
このプロジェクトではその歴史や工場で目にする一つ一つの要素に美しさを見出すことを考え設計しました。

また竣工写真を撮影したら詳しくご紹介できればと思います。

大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:PROCESS5 DESIGN
続きを読む >>

| PROCESS5最新情報 | 20:35 | comments(0) | - | process5 design official site |
HOTEL PREFORT Lounge SEASE
3月の末にお引き渡しさせていただきましたHOTEL PREFORT Lounge SEASEの竣工写真が届きましたのでご紹介させていただきます。


HOTEL PREFORT
フロントからラウンジを見る

HOTEL PREFORT
ラウンジ入り口から見る

HOTEL PREFORT
ラウンジ奥からフロント方向を見る

HOTEL PREFORT
通路とのパーティションには気泡を混入させたアクリルの小口から照明を当て、
気泡をなめる光により海の中を上昇する空気をイメージしている。

HOTEL PREFORT
大きなソファを囲う腰壁には特殊なガラスにより水面を表現した

HOTEL PREFORT
ディスプレイも設計当初から大きな役割として計画をした

この4月で開業2周年を迎える西明石駅前のHOTEL PREFORT様からのご依頼で、
ホテルブランディングの強化を目的としたラウンジの改修プロジェクトです。
海を基軸としワードの整理と再構築を行い、それを体現できるラウンジのご提案をさせていただきました。
随所に建築素材を用いた海の表現や各地から集めたディスプレイにより、特徴のある安らぎと落ち着きのある場所の創造を目指しました。

HOTEL PREFORT (ホテル プレフォート )公式HP


大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:PROCESS5 DESIGN
続きを読む >>

| PROCESS5最新情報 | 18:04 | comments(0) | - | process5 design official site |
うつぼGarden Clinic 竣工写真
先週3/4に開業なさいましたうつぼGarden Clinicの竣工写真をご紹介させていただきます。
昨年の6月より設計がスタートし、先生と沢山お話しし完成しました。
公園で日向ぼっこしているような心地よさを室内に求めました。


うつぼGarden Clinic
受付カウンターと待合を入り口から見る

うつぼGarden Clinic
受付カウンターから待合を見る


待合から入り口方向を見る

うつぼGarden Clinic
ガラス面に貼られたシートを通して街ゆく方のシルエットと太陽の光がクリニック内に入る

うつぼGarden Clinic
診察室を見る

うつぼGarden Clinic
レストルームを見る

うつぼGarden Clinic
入り口を夕景で見る

うつぼGarden Clinic
計画場所は道路の角に面しており取り付けられたサインを見る


うつぼGarden Clinic
(大阪府大阪市西区京町堀1-3-13 辰巳ビル1階)

用途:クリニック
竣工:2020年3月
設計監理:PROCESS5 DESIGN
写真撮影:YFT 山田 圭司郎





「 公園持つの心地よさを室内に引き込む 」

大阪市内にご夫婦のドクターがクリニックを新規開業されるプロジェクトである。
計画場所である靱公園は大阪の中心地にありながら周りにはカフェやレストランなどが立ち並び、付近にお住いの方々や会社にお勤めの方々にとっての憩いの場である。
人々は頭上から降り注ぐ木々からの木漏れ陽の下、散歩やランチを楽しまれている。

この場所でクリニックを計画するにあたりこの公園にいる人達が各々に心地の良い時間を過ごされているように、
このクリニック内に公園の心地よさを引き込み、患者にリラックスした安らぎの時間を届けることができないかをコンセプトとした。

私たちはまず受付・待合・自費ルーム・診察室・他諸機能にゾーニングし、仮説的に例えば「待合は外」という風に外と内を仮説定義づけた。
それらをレイアウトし、「外」と定義づけた部分に対して私たちが外でよく目にするマテリアルなどを用いるなどし、
この計画場所内に視覚的に外部を引き込み、街と繋がり公園と繋がるような立地から導き出される回答とした。

2面が大きなガラスで覆われたこのクリニックに南と西側から太陽の光が差し込んだ時、
用意した外部要素によって作られた内部は公園のように、ぽかぽかと暖かな日差しと共に患者を包み込み公園にいるようなリラックスした安らぎの時間を届ける。



「 The comfort induced by a park is brought into an interior 」

This is a project within Osaka where a doctor couple have newly opened a clinic. The location, Utsubo Park, is in central Osaka. The park is lined with cafés and restaurants and serves as a haven of rest and relaxation for neighboring residents and white-collar workers. Visitors can enjoy a walk or lunch under the sunlight that filters through the trees.

In designing a clinic in this location, our concept was to bring in the comfort of the park into the clinic, so that patients could spend their own time there peacefully and relaxed, similar to the comforting experience of being in the park.

First we performed zoning for the different functions of the areas, including the reception, waiting area, private rooms, consultation rooms, and other parts. Then we hypothetically defined the “inner” and “outer”; for instance, saying that the waiting room was outer.
With these we created a layout and, for example, used materials we’ve tended to see outdoors for the parts that we defined as “outer”. In this way, our response was to visually bring the outside into the space and derive from the location that is linked to the city and the park.

Sunlight comes pouring into the clinic from the south and west sides, both of which are covered with large glass panes. During this time, the interior, created from the outside materials that we chose, envelops the patients along with the warm and pleasant sunlight, and allows them a peaceful and relaxing time as if they were in the park.


大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:PROCESS5 DESIGN
続きを読む >>

| PROCESS5最新情報 | 11:42 | comments(0) | - | process5 design official site |
Rassure(ラシュール)オフィス 竣工写真
不動産を業となさっています株式会社ラシュール様のエントランスホールと会議室をデザインさせて頂きました。
ラシュールという言葉の意味と、この場所を使用される方を明快にイメージしながらデザインしました。

ラシュール
エントランスホール
キューブ型のオブジェは来客用電話置き場。
iPhoneがパッケージにぴったりと入れられているようなディテールとした。

ラシュール
レンガと木目の柔らかいテクスチュア感と色合いを用い、来客の方が安心していらしていただけるようにした。

ラシュール
レンガ積みディテール

ラシュール
会議室全体を見る

ラシュール
中央のガラスにはモニターが埋め込まれ、ガラスを通して映像が映し出される

ラシュール
会議室は複数枚のフィン状の壁によってプラン構成される。


Rassure(ラシュール) オフィス
用途:オフィス
竣工:2019年12月
設計監理:PROCESS5 DESIGN
写真撮影:YFT 山田 圭司郎

Rassure HP


デザインコンセプト
「積むと重なりが表現するCI 」

不動産事業を営まれている株式会社ラシュール様のエントランスと会議室の計画である。
社名であるRassure(ラシュール)はフランス語で「安心させる」を意味し、額の大きな不動産取引において安心をクライアントに提供し、互いに深い信頼関係を築くことのできる背景が私たちに求められた。

私たちはこのオファーを空間で実現するにあたり、「積む」「重なり」をキーワードとした。
「積む」は実績・経験を意味し、会社としての信頼を表現。
「重なり」は人間同士の密な関係の重なり合いを意味し、コミュニケーションを大切にし人としての信頼を表現。
この二つをレンガ積みと重なり合う壁をもって建築で表現した。
それぞれは暖かな色合いとテクスチュア・光によって表現されている。

様々な働き方やオフィスのあり方が模索される昨今の中、
今回は会社のCIを表現する目的での場所のあり方を模索するプロジェクトであると位置づけしている。
この場所がクライアント企業にとって企業そのものを示すものであり、
訪れるお客様にも企業のスタンスを体感できる場となったのではないかと考える。


A corporate identity that represents building up and overlapping

This is a project for the entrance area and a meeting room of the offices of Rassure Co., Ltd., a company in the real estate business.The company’s name “Rassure” is French for “reassure”, and we were called on to create a setting where they could give reassurance to their clients during high-cost property transactions and mutually build close and trusting relations.

In realizing their requirements in this space, our keywords were “building up” and “overlapping”.
“Building up” signifies achievements and experience, and represents Rassure’s trustworthiness as a company.
“Overlapping” signifies how close relationships between people overlap, and represents the company’s respect of communication and trustworthiness as people.
We expressed these two elements through architecture by making use of bricks and overlapping walls.
Each are represented respectively through warm color shades and texture and light.

These days, society is looking for more diverse ways of working and is thinking about how an office should be. We’ve designated this project as one that thinks about how a space should aim to express the corporate identity of a company.
To client firms, this space represents the company itself, and we believe it allows even visiting customers to physically experience the dynamism of the company.




大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:PROCESS5 DESIGN
続きを読む >>

| PROCESS5最新情報 | 19:26 | comments(0) | - | process5 design official site |
LESTAS(レスタス) オフィス 竣工写真
株式会社レスタス様のオフィスの竣工写真がフォトグラファーさんより届きましたのでご紹介いたします。

レスタス
エントランスアプローチ

レスタス
エントランスアプローチからホールを見る

レスタス
エントランスアプローチ、ホールの関係性を見る

レスタス
ホール
スタンディングミーティングができる大きなカウンターが鎮座する

レスタス
会議室
正面のガラスにはモニターが埋め込まれ、打ち合わせの際はビジュアル表示される

レスタス
会議室から社長室を見る

レスタス
社長室から会議室を見る

レスタス
社長室を見る


LESTAS(レスタス) オフィス
用途:オフィス
竣工:2019年7月
設計監理:PROCESS5 DESIGN
写真撮影:YFT 山田 圭司郎

株式会社レスタスHP



「 機能を建築化するオフィス 」

カレンダーやタオル、うちわなどにオリジナルの名入れが可能なサービスを提供なさっている株式会社レスタス様のオフィスである。
従来のサービスであれば発注者の手間や時間を沢山要したこのサービスをレスタスは無駄なタスクを省くためIT化し、
よりスマートにサービスが提供できる技術を構築した。

私たちはこの会社のオフィスをデザインするにあたり、レスタスのタスクを省くという理念から着想し、
そこにあるはずのオフィスとしての機能が必要時のみスマートに使用できるような存在にならないかをテーマとした。
機能を建築にプラスしていくのではなく機能を建築化し、その存在自体が機能としても建築としてもなくてはならない存在にできないかを考察した。

例えば建具は場所と場所を間仕切り繋ぐための大切な要素であり機能である。
しかしながらその為には機能を満たすためにハンドルや丁番、枠など沢山の建具を構成するために必要な要素が付随されてしまう。
私たちはこの一つの機能を成立させるための各要素を機能を満たしながら消すために建築化した。
この時の建具は建築の壁であり建具である両方を果たし、ともになくてはならない存在となる。
このような機能を建築化するためのディテールを徹底することでレスタスという会社の理念とリンクし、
よりスマートでレスタスらしいサービスを体現できるオフィスとなった。

機能を建築化するという行為は情報過多な現代において、本当に必要な情報を取捨選択し、
それらをプラスしていくのではなく実体として取り込み、ある情報の集積が建築の姿として建ち現れることであり、
その姿にこそとても純化された美しさがあるのではないかと考える。



「 An office that turns functions into architecture 」

This is the office of Lestas Inc., a company which produces calendars, towels, fans and other products with custom naming.
Lestas digitized their previous services, which required a lot of time and effort by their clients, in order to cut down on unnecessary tasks, and built technology that can offer smarter services.

In designing this office, we wanted to cut down Lestas’ tasks, and so adopted a theme of an office where necessary functions are smart by only being in their place and able to be used when required.
We thought to not simply add functions to the architecture, but turn the functions into the architecture, and in that state of being, see if they can play their indispensable roles as both functional and architectural elements.

For example, door fixtures are important elements for connecting and partitioning different areas, and can be considered functions. However, because they consist of many other fixtures such as door knobs, hinges, and frames that help realize that function, they also involve other necessary elements.
We have turned these different elements for realizing a single function into architecture so that they disappear while still fulfilling their function.
In this state, the fixtures fulfil both the roles of an architectural wall and a fixture, and are also indispensable elements.
By being thorough in the work of turning these functions into architecture, the office has come to link to Lestas’ corporate philosophy and more smartly embody the services they offer.

In this day and age of information overload, turning functions into architecture means selecting the information that is actually necessary, and instead of simply adding it, taking it in as its own entity and having the collection of information manifest into the architectural form. We think that it’s within this form that lies an exceedingly pure beauty.

大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:PROCESS5 DESIGN
続きを読む >>

| PROCESS5最新情報 | 15:31 | comments(0) | - | process5 design official site |
| 1/42PAGES | >>