PROCESS5 DESIGN




大阪を拠点に関西から全国まで対応する 店舗デザインと住宅設計、建築設計の一級建築士設計デザイン事務所のブログ
オフィシャルサイト
お問い合わせ先:
メールにて info@process5.com
電話にて 06-6536-6336
スタッフ・インターン募集中
会社概要
社名
(株)PROCESS5 DESIGN
一級建築士事務所

連絡先
〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-24 2F
tel:06-6536-6336
fax:06-6536-0660
mail:info@process5.com
hp:http://process5.com

会社理念
プロセスを大切に
プロセスファイブデザイン

大阪南堀江を拠点とする旅館店舗住宅建築の設計デザイン事務所。私たちはこの5つのプロセスを大切にデザインをさせていただいています。まずは「会話」をしましょう。お考えの「要望」・「ニーズ」・「ロケーション」をお聞かせください。きっとそこに新しい可能性が隠れているから。そしてあなたの「個性」と私たちの「個性」が出会い、永く愛してもらえる空間がカタチになります。すべて真っ白な状態から、ご一緒に。インテリアはもちろんのこと、テナント探し、企画段階から、お店づくりに必要なロゴ・販促ツールのデザインもトータルでお手伝いさせていただいております。 お気軽にお問い合わせください。

代表
武田憲昭武田憲昭 一級建築士

代表
吉澤生馬吉澤生馬 インテリアデザイナー

スタッフ
藤原太一藤原太一 デザイナー

坂井詩織 二級建築士

塩原絢塩原絢 アシスタントデザイナー

田口怜央田口怜央 二級建築士 アシスタントデザイナー

山田凌太郎山田凌太郎 アシスタントデザイナー

武澤美由紀武澤美由紀 アシスタントデザイナー

仕事の流れ
仕事の流れをご紹介

設計料
会社について・設計料


ブログアクセス数
access counter
today yesterday
主な業務
旅館・店舗の改装・新装・新築設計デザイン
マンション・住宅のリフォーム・リノベーション・新築設計デザイン
ロゴ・販促ツール・ウェブサイトのグラフィックデザイン
主な賞歴
ドット
関連サイト
メディア掲載
architecturephoto.net 2017年(日本)掲載
designboom 2016年(日本)掲載
dezeen 2016年(イギリス)掲載
IGNANT 2016年(ベルリン)掲載
DIVISARE 2016年(イタリア)掲載
TIMES SPACE 2011年(中国)掲載
Interior World 2011年(韓国)掲載
AN 2011年(イタリア)掲載
月刊商店建築2011年掲載
4szoba.hu(ハンガリー)掲載
archdaily 2011年(チリ)掲載
KAIAK.TWI 2011年(台湾)掲載
dezeen 2011年(イギリス)掲載
BAMBOO MEDIA 2011年(日本)掲載
婦人画報2010年掲載
婦人画報2010年掲載
TIME SPACE2010年(中国誌)掲載
関西テレビ放送よ〜いドン!2010年掲載
月刊商店建築2009年掲載
月刊商店建築2009年掲載
テレビ朝日秘湯ロマン2009年掲載
カテゴリー
エントリー
リンク
その他
ハナサカ軍手ィプロジェクトの軍手購入
今日めちゃくちゃ寒くないですか。
明日はホワイトクリスマスになるのではないかとテレビでもラジオでも言ってましたので、確かにです。

今日はお客様との打合せに自転車で行くことになり出勤途中に手袋を購入しました。

ハナサカ軍手ィプロジェクト 軍手

その名も「軍手ィ
以前からその存在は知っていたのですが、
今回近鉄電車さんが売店で限定販売されていたので購入できました。

ハナサカ軍手ィプロジェクト 軍手

軍手ィ」はハナサカ軍手ィプロジェクトの商品です。
長野県上田市の学生が日本の冬をあたたかくしようとミマキエンジニアリングの協力のもとカラフルでかわいい軍手を発売されました。
軍手ィ1双購入で、長野県上田市、長野市、松本市の小学1年生に「ちび軍手ィ」1双をプレゼントするプロジェクトです。

何よりも軍手とは思えないカラフルさとグラフィカルさがおもしろく、残念ながらほとんど売り切れていて地味な色ばかりありましたが、ホームページを見ると緑、ピンク、赤にチェックやボーダーもあるようです。
ちなみに私は茶色に水玉のようなパターンのプリントのものにしました。

ちょっとしたはずしアイテムとしていいかもしれませんね。
手袋ほど防寒になるわけではありませんが、
こういったかわいいプロジェクトが育ってくれるとうれしいです。
ぜひみなさんも一度手にとって見てください。

店舗住宅建築 設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
吉澤生馬

リンク
ハナサカ軍手ィプロジェクト

大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:吉澤生馬

| ファッション批評 | 14:10 | comments(1) | trackbacks(0) | process5 design official site |
H&M 戎橋店 明日3月6日昼12時オープン!!
ついにH&Mが明日大阪上陸です!


H&M、関西初出店で大阪へ - 先着2,000人に限定Tシャツなどプレゼント(マイコミジャーナル)

昨日関係者へ向けた店内が公開されたようです。
もう町中H&Mの広告ばかり、H&M一色ですね。


オープン準備中
びっくり、すっごい照明の数!
そしてすっごいエアコンの数!!
これだけのエアコンをつけても暑いくらいに人が来るんでしょうね。


TSUTAYAも外壁も全面H&M!
心斎橋商店街もH&M!
明日は先着2000人にTシャツとトートバッグが配られるということで、もしかしたら深夜から長蛇の列をなすかも。
そして今回の戎橋店が世界2000店舗目ということで、2000円のデニムも限定発売するそうです。
もうすぐ銀座店規模のユニクロもH&M近くにオープン予定と聞いています。
これをきっかけに大阪が盛り上がってくれるとうれしいです。


おまけに、表情の硬い武田くんを。
その横には!!!!
気になる方はGlobal Style

PROCESS5 DESIGN
吉澤生馬

大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:吉澤生馬
続きを読む >>

| ファッション批評 | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) | process5 design official site |
コム デ ギャルソン「Six」からレセプションのご案内をいただきました

コム デ ギャルソンが昨年8月に大阪南船場にオープンしたギャラリー「Six」
昨年8月から11月は草間彌生が「増殖する部屋」と題して最初のエキシビジョンを開催。
そして今回、


横尾忠則が代表作「ピンクガール」を引っさげてエキシビジョンを開催されます。


60年代のピンクガールと新作のピンクガールが同時に見ることができる今回のエキシビジョン。44年ぶりにSixにて発表されます。
会場デザインを川久保玲が手がけ、遠近法に潜む幻影(イリュージョン)を実際に可視化させる空間を提案しているようです。


会期は2010年1月16日(土)〜4月4日(日)
前回の展覧会でも感じた空間とアートとのコラボレーションを期待しています。

今回、レセプションも合わせて招待いただきましたので、横尾さんに会いに行ってきます!
その模様はまた紹介させていただきます。

PROCESS5 DESIGN
吉澤生馬

PINK GIRL
2010年1月16日(土)〜2010年4月4日(日)
コム・デ・ギャルソン Six
大阪府大阪市南船場3-12-22 心斎橋フジビル2F・Map
TEL:06-6258-3315
時間:12:00〜19:00/定休日:月曜日

大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:吉澤生馬
続きを読む >>

| ファッション批評 | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) | process5 design official site |
Levi's 501xx
タイトルを見ただけでドキドキとする人がいるはず。。
そう、ジーンズの王道Levi's501のヴィンテージモデルのご紹介です。

僕がはいているのは1933年モデル。
オークションに出品するかのごとく撮影してみました(笑)

夏らしいブルーの色合いとヒゲがいい感じ。

僕が高校生くらいの時に、現行物の501を買って四六時中履きっぱなしで色落ちさせてたのを思い出します。
寝るときも履いていたし、すその部分には紙やすりで自分で加工したりしてました。
そんな経験をしたことのある人は沢山いるのでは?


ヒップ部分を見る。
レザーパッチと現行の501からは考えられないほど大きなヒップポケットが涙物。
ベルトループ・シンチバック・サスペンダーボタンが混在したこのモデルあたりからジーンズが労働着としてだけでなく、ファッションとして認知されてきました。
労働着と日常着の二面性が垣間見れるところにロマンを感じちゃいます。

と、ちょっとウンチク臭くなってきたのでこの辺で(汗)
なんせ、ジーンズ大好きですねんっ。。


大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:武田憲昭

| ファッション批評 | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | process5 design official site |
249工程は本当に非常識?? ユニクロ「リネンコットンジャケット」


この3連休の新聞広告で見られた方も多いと思いますが、
ユニクロのリネンコットンジャケットの広告です。

キャッチコピー
「非常識なジャケット。それは・・・・・という249工程。」

ん??
249の工程数ってすごいの?
数字だけ見ればすごいと思うのですが、
分からない・・・

まあ、これだけで気になる存在になってしまっているので、
思うつぼですが、、、

E。さんの「3つのグレードで語られる紳士服における縫製の贅沢。」によると、

大衆品:縫製175工程
中級品:縫製240工程
高級品:縫製325工程

(大衆品の購入者のの考え方は、できるだけ安いスーツが欲しい、品質は最低限をクリアしていればいい、中級品の購入者の考え方は、品質の高いしっかりしたスーツが欲しい。ただし、予算はいくらでも出すということではなく、自身が感じる値ごろ感の範囲内であって欲しい、高級品 の購入者の考え方は、最高品質のスーツが欲しい。予算は気にしない。そして縫製箇所によっては手縫いが必ずしも絶対だとはいえないということも知っている)

ということは、今回のユニクロはスーツ業界で見ても「中級品」に相当するということですね。
大衆品〜5万円、中級品〜10万円、高級品10万円〜と考えると、パンツの金額を差し引いても、約10分の1の価格設定!!
本当に??

服の価格というのは素材の高さよりも、
その製作工程で決まると言われていて、
ヴィトンなどの服がなぜあんなに高いのかとパタンナーの友達に聞いたことがありますが、服を見ながら工程がすごすぎると言っていたのを覚えています。

特に手作業でしかできないことがいくつ工程に含まれているかも一つの判断材料です。

249工程がすごいのかどうかははっきりとは分かりませんが、
業界へのメッセージも含めている印象があるので、
その自信のほどが伺えます。

大量生産と資金力のたまものなんでしょうね。

吉澤生馬

リンク
リネンコットンジャケット
ユニクロ
3つのグレードで語られる紳士服における縫製の贅沢。

大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:吉澤生馬

| ファッション批評 | 09:44 | comments(1) | trackbacks(1) | process5 design official site |
g.u.(ジーユー)のジーンズがなんと990円!


キャッチコピー
「ケタ違いを、はく」

以前住んでいた所の近くにg.u.があったのですが、
唯一買っていたのがジーンズ。
シンプルで色も悪くなく、履き心地もいいです。

それがなんと「990円」!
そんなことでいいんでしょうか。
格差社会に対応するマーケットとはこのことなんでしょうね。

吉澤生馬

リンク
990円ジーンズがユニクロ生まれの「g.u.」から販売!
g.u.オフィシャルサイト
ファーストリテイリング

大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:吉澤生馬

| ファッション批評 | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | process5 design official site |
パターンマジック 中道 友子(著) 平面と立体の関係性(追記)
コメントをいただきましたので、追記します。

羊のマリアさんコメントありがとうございます。
下にも書きましたが、
その業界では当たり前でも別の業界にそのアイデアを持っていけば
新しいということがよくあります。
建築の設計も現場を進めるためには平面図は必然と言えます。
すべてが紙の上に集約することが前提である以上、
紙の扱いかたにも可能性を感じる今日この頃です。
その発想を手伝ってくれているのが、私にはこの本です。
他にもパターンの魅力を語っている本があれば教えてください。
紹介サイトリンクなどお待ちしております。

以下2005.12.05更新
パターンマジック
パターンマジック

私たち建築設計者は、平面図をもとに立体を考えることが大半だと思います。それは構造計算が平面的であるばかりでなく、平面的認識によって建築を構成しようとしている傾向があるからだと思います。

しかし、この本の序文を紹介すると、

平面の布を、切ってつないで組み立てると立体の服になる。
立体の服を、ほどいて平らにするとパターンになる。
平面と立体、パターンと服の関係はいつも変わらない方程式。
だからパターンをパズルのように、切って動かしても
また組み立てれば服が作れる。
自由なデザイン発想が、
新しいパターン作りのトレーニングになるはず。

このように書かれています。

大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:吉澤生馬
続きを読む >>

| ファッション批評 | 23:41 | comments(4) | trackbacks(1) | process5 design official site |
John Galliano spring 2006
John Galliano spring 2006


おそくなりましたが、2006年春夏パリコレクションレヴューです。

今回注目したのはファッションデザイナーのジョン・ガリアーノ
ジョン・ガリアーノは自身のブランドの「ジョン・ガリアーノ」と表参道にでっかく店をかまえる「クリスチャン・ディオール」のデザイナーとして有名です。
06SSでは二つのブランドを使って、被服のあり方に対して別のアプローチが行われていました。

ジョンガリアーノでの提案はひとことで言えば
「被服はどんな人間にも平等にファッションとしてありうる」ということです。
子供から大人、老人まで、
小さい人から大きな人、
細い人から太っちょの人、
人にかぎらず人形も。
どんな人にも平等にデザインされていく可能性を探ったコレクションになっています。
下記にコレクションの模様を撮影した映像をリンクしておきますので、
一度ごらんになってください。
舞踏会に準えた華やかな来客たちに魅了されること間違えないでしょう。
John Galliano spring 2006 movie

次回はもう一つの視点「ディオール06SS」について書く予定です。

大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:吉澤生馬

| ファッション批評 | 01:04 | comments(0) | trackbacks(1) | process5 design official site |
| 1/1PAGES |