PROCESS5 DESIGN




大阪を拠点に関西から全国まで対応する 店舗デザインと住宅設計、建築設計の一級建築士設計デザイン事務所のブログ
オフィシャルサイト
お問い合わせ先:
メールにて info@process5.com
電話にて 06-6536-6336
スタッフ・インターン募集中
会社概要
社名
(株)PROCESS5 DESIGN
一級建築士事務所

連絡先
〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-24 2F
tel:06-6536-6336
fax:06-6536-0660
mail:info@process5.com
hp:http://process5.com

会社理念
プロセスを大切に
プロセスファイブデザイン

大阪南堀江を拠点とする旅館店舗住宅建築の設計デザイン事務所。私たちはこの5つのプロセスを大切にデザインをさせていただいています。まずは「会話」をしましょう。お考えの「要望」・「ニーズ」・「ロケーション」をお聞かせください。きっとそこに新しい可能性が隠れているから。そしてあなたの「個性」と私たちの「個性」が出会い、永く愛してもらえる空間がカタチになります。すべて真っ白な状態から、ご一緒に。インテリアはもちろんのこと、テナント探し、企画段階から、お店づくりに必要なロゴ・販促ツールのデザインもトータルでお手伝いさせていただいております。 お気軽にお問い合わせください。

代表
武田憲昭 武田憲昭 一級建築士

代表
吉澤生馬 吉澤生馬 インテリアデザイナー

スタッフ
藤原太一 藤原太一 デザイナー

坂井詩織 二級建築士

塩原絢 塩原絢 アシスタントデザイナー

田口怜央 田口怜央 二級建築士 アシスタントデザイナー

山田凌太郎 アシスタントデザイナー

中江美穂 アシスタントデザイナー

仕事の流れ
仕事の流れをご紹介

設計料
会社について・設計料


ブログアクセス数
access counter
today yesterday
ドット
主な業務
旅館・店舗の改装・新装・新築設計デザイン
マンション・住宅のリフォーム・リノベーション・新築設計デザイン
ロゴ・販促ツール・ウェブサイトのグラフィックデザイン
ドット
主な賞歴
ドット
関連サイト
ドット
メディア掲載
architecturephoto.net 2017年(日本)掲載
designboom 2016年(日本)掲載
dezeen 2016年(イギリス)掲載
IGNANT 2016年(ベルリン)掲載
DIVISARE 2016年(イタリア)掲載
TIMES SPACE 2011年(中国)掲載
Interior World 2011年(韓国)掲載
AN 2011年(イタリア)掲載
月刊商店建築2011年掲載
4szoba.hu(ハンガリー)掲載
archdaily 2011年(チリ)掲載
KAIAK.TWI 2011年(台湾)掲載
dezeen 2011年(イギリス)掲載
BAMBOO MEDIA 2011年(日本)掲載
婦人画報2010年掲載
婦人画報2010年掲載
TIME SPACE2010年(中国誌)掲載
関西テレビ放送よ〜いドン!2010年掲載
月刊商店建築2009年掲載
月刊商店建築2009年掲載
テレビ朝日秘湯ロマン2009年掲載
ドット
ブログランキング
ドット
カテゴリー
ドット
エントリー
ドット
リンク
ドット
その他
風能奈々展/小山登美夫ギャラリー 京都
以前からお手伝いさせていただいております「小山登美夫ギャラリー 京都」で新しい展覧会が本日から開催されますので、この場で紹介させていただきます。今後も現地レポートなど紹介できればと思っています。


風能奈々 "花の瘡蓋(かさぶた)" 2008, Acrylic and dyed gesso on canvas 162 x 388 cm 撮影 (c) 上野則宏

【展覧会情報】
風能奈々展
「誰がその物語を知る」
小山登美夫ギャラリー京都
「草上の想像」
TKG エディションズ 京都
2009年6月19日-7月25日
オープニングレセプション:6月19日(金)午後6時-8時

【作品紹介】
風能奈々は、優美で感性的なモチーフを独特のマチエールで豊かに紡ぎあげます。今年のVOCA展に出展された、アクリル絵具、染料のペン、ジェッソ、再びアクリルの順に重ね塗りする「花の瘡蓋(かさぶた)」は、静謐さをたたえながらも、重層的で多様な質感からたちあらわれる浮遊感を感じさせます。
風能が幼少の頃耽溺していたという想像や物語の世界は、タブローの上に再来します。ときに悪夢、ときに個人的な家族との物語が、彼女の卓越した素描によって描かれます。同様にイメージの源泉となっているのが、毎日欠かさずに描いているというドローイング・ノートです。日常生活でわき起こる感情の波や心に残ったフレーズなども残すという、日記の要素ももつこのノート。不穏な感じすら抱かせるほどびっしりと描かれたドローイングはそれ自体圧巻ですが、タブローでの魅惑的な発展を暗示するエネルギーをもっています。

【この展覧会について】
本展では、今年3月に開催されたVOCA展(上野の森美術館)に出展した、横3メートル88センチの「花の瘡蓋(かさぶた)」、特別に注文して制作した円形のキャンバスを使った作品など、新作のペインティング約8点を展示いたします。
TKGエディションズ 京都での同時開催展では、側面にも描き込まれた20 x 20cmのペインティングを展示します。花、木、神話などのモチーフ、小さな物語の挿絵、そして行ったことも見たこともない場所を描いた旅行シリーズ。染料、アクリル、油彩など技法も異なる多彩なイメージが、展示スペースを埋めつくします。

【作家プロフィール】
風能奈々は1983年、静岡県生まれ。2006年大阪芸術大学芸術学部美術学科絵画コースを卒業。2008年京都市立芸術大学大学院絵画専攻油画科修了。2008年のアートアワードトーキョー(行幸地下ギャラリー、東京)にて、小山登美夫審査員賞を受賞。今年の上野の森美術館「VOCA展」(長屋光枝・国立新美術館主任研究員推薦)にも出展しています。小山登美夫ギャラリーでは昨年のTKGエディションズでの個展、小山登美夫ギャラリーでのグループ展に続き、3度目の展覧会となります。

小山登美夫ギャラリー 京都/ TKGエディションズ 京都
住所:京都府京都市下京区西側町483番地(西洞院通六条下ル)2F
開廊時間:11:00−19:00(火−土曜日)
休廊日:日・月曜日、祝日
電話:075-353-9994
地図:PDF

リンク
小山登美夫ギャラリー 京都
展覧会プレスリリース
作家略歴
インタビュー(2008年6月、小山登美夫ギャラリー)

大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:吉澤生馬

| 展覧会批評 | 10:21 | comments(1) | trackbacks(0) | process5 design official site |
ヘルベチカ展 & PROCESS5ロゴデザイン


現在、堀江のギャラリーで27日まで「Helvetica forever Story of a Typeface ヘルベチカ展」と題して、ヘルベチカの歴史やできるまでのスケッチなどを展示してあります。

駅から事務所までの道のりにあるので、ふらっとはいってきました。

ヘルベチカとは、印刷のための書体で、
現在では、どのパソコンにも入っている一般的なフォントです。
一度フォントの中をあさってみてください。

そのデザインはシンプルでクラシカルなもので、特色を持たない書体と言われています。
この特色を持たないゆえに、自由さがあり、カスタマイズすることにより簡単に自分色に変えていくことが用意な書体であります。

1960年以降、ヘルベチカは多くの企業がカスタマイズをし、ロゴを作ってきました。
有名なところでは、
マイクロソフト、BMW、3M、FENDI、パナソニック、MUJIなどなど

そして弊社プロセスファイブも、
このヘルベチカをカスタマイズしてロゴを作っています。



PとRの左の縦ラインを少し太くし(PとRでも少し太さが違います)
Rの最後の留めラインを変え、
PROとCESSで文字間隔を変え、
全体のバランスを整え作りました。

ヘルベチカという書体に魅了され、文字の歴史を垣間見ることができたと思います。
いつか、世界の大企業と肩を並べることを夢見ながら。

ぜひヘルベチカ展にも足を運んでみてください。
入場も無料ですし。

吉澤生馬

Helvetica forever Story of a Typeface ヘルベチカ展

日時:2009年1月15日 - 2月27日
会場:dddギャラリー

外部紹介サイト
DesignWalker
http://www.helvetica.jp/

大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:吉澤生馬

| 展覧会批評 | 14:31 | comments(1) | trackbacks(0) | process5 design official site |
| 1/1PAGES |