PROCESS5 DESIGN


代表 武田憲昭 吉澤生馬 ロゴ

大阪を拠点に関西から全国まで対応する 店舗デザインと住宅設計、建築設計の一級建築士設計デザイン事務所のブログ
オフィシャルサイトはコチラ
お問い合わせ先:
メールにて info@process5.com
電話にて 06-6536-6336
スタッフ・インターン募集中
会社概要
社名
(株)PROCESS5 DESIGN
一級建築士事務所

連絡先
〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-24 2F
tel:06-6536-6336
fax:06-6536-0660
mail:info@process5.com
hp:http://process5.com

会社理念
プロセスを大切に
プロセスファイブデザイン

大阪南堀江を拠点とする旅館店舗住宅建築の設計デザイン事務所。私たちはこの5つのプロセスを大切にデザインをさせていただいています。まずは「会話」をしましょう。お考えの「要望」・「ニーズ」・「ロケーション」をお聞かせください。きっとそこに新しい可能性が隠れているから。そしてあなたの「個性」と私たちの「個性」が出会い、永く愛してもらえる空間がカタチになります。すべて真っ白な状態から、ご一緒に。インテリアはもちろんのこと、テナント探し、企画段階から、お店づくりに必要なロゴ・販促ツールのデザインもトータルでお手伝いさせていただいております。 お気軽にお問い合わせください。

代表
武田憲昭 武田憲昭 一級建築士

代表
吉澤生馬 吉澤生馬 インテリアデザイナー

スタッフ
藤原太一 藤原太一 デザイナー

片上智陽 片上智陽 デザイナー

田中貴浩 田中貴浩 二級建築士

坂井詩織 坂井詩織 デザイナー・プレス

松永花連 松永花連 アシスタントデザイナー

仕事の流れ
仕事の流れをご紹介

設計料
会社について・設計料


ブログアクセス数
access counter
today yesterday
ドット
主な業務
旅館・店舗(すべての業種)の改装・新装・新築設計デザイン
マンション・住宅のリフォーム・リノベーション・新築設計デザイン
ロゴ・販促ツール・ウェブサイトのグラフィックデザイン
ドット
主な賞歴
ドット
関連サイト
ドット
メディア掲載
TIMES SPACE 2011年(中国)」Bridal Magic掲載
Interior World 2011年(韓国)」HARMONIE H AT STATE HIMEJI BANK掲載
AN 2011年(イタリア)」Bridal Magic掲載
月刊商店建築2011年」HARMONIE H AT STATE HIMEJI BANK掲載
4szoba.hu(ハンガリー)」Bridal Magic掲載
archdaily 2011年(チリ)」Bridal Magic掲載
KAIAK.TWI 2011年(台湾)」Bridal Magic掲載
dezeen 2011年(イギリス)」Bridal Magic掲載
BAMBOO MEDIA 2011年(日本)」Bridal Magic掲載
婦人画報2010年」冨士屋旅館掲載
婦人画報2010年」冨士屋旅館掲載
TIME SPACE2010年(中国誌)」冨士屋旅館掲載
関西テレビ放送「よ〜いドン!2010年」冨士屋旅館掲載
月刊商店建築2009年」デマリア本店掲載
月刊商店建築2009年」冨士屋旅館掲載
テレビ朝日「秘湯ロマン2009年」冨士屋旅館掲載
ドット
ブログランキング


ドット
カテゴリー
ドット
エントリー
ドット
リンク
ドット
その他
<< 東×西 | main | マック パッケージデザイン AirMac Express >>
佳作受賞! 第四回だんぼーるデザインアイデアコンテスト2006




PROCESS5が第四回だんぼーるデザインアイデアコンテスト2006で佳作を受賞しました。

webssite : 第四回だんぼーるデザインアイデアコンテスト2006

大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:PROCESS5 DESIGN

| デザイン批評 | 03:48 | comments(7) | trackbacks(0) | process5 design official site |

コメント
shoさん

コメントありがとう☆
照明を当てるとかなりすけすけでした。
以外と強度がありましたよ。

toyodoさん

この机のあるレストランだと、
みんな足下ばっかり見たりして、
足下美人とか発見できますね
| ヨシザワイクマ | 2006/12/14 2:39 PM |
<toyodaさん
コメントありがとうございます。
そうですよ〜。
家具もそうですけど、そこにいる人一人ひとりが場を作りますからねっ。
それを手助けするちょっとしたしつらえみたいなデザインです。
toyodaさんは・・・大丈夫ですよ足を組みかえる姿はなかなか男前でしたよ(笑)
| 武田憲昭 | 2006/12/14 3:29 AM |
こんにちは。遊びにきちゃいました。
脚部のグラデーションと光の入りが綺麗です。
こんなテーブルのあるカフェに入ったら、足元にもちゃんと気を使って、おしゃれに脚を組まなきゃね。
| toyoda | 2006/12/14 1:00 AM |
<shoさん
めちゃめちゃ手間がかかりました(笑)
すけたりすけなかったりします。
| 武田憲昭 | 2006/12/11 6:38 PM |
おめでとうございます。
めっちゃ手間がかかりそうな作品ですね。
すけすけでおもしろいです。
| sho | 2006/12/11 2:16 AM |
少し起こりうる現象を最優先に考えられているから、
ここに構造的なロジックが当てはまってくるともっと違うカタチへ展開していくと思います。
いずれにせよ、僕らが表現したかったのは一つのカタチを与えないこと。アウトラインは決まっているけど、風にユラユラと揺れるカーテンのような、少しのことで表情が変わるようなものをダンボールという可変性のある素材を使って表現しました。
| 武田憲昭 | 2006/12/10 6:16 PM |
いくつかだしてたコンペの中でまずはこれが受賞となりました。
12日に正式に受賞者が発表されるそうです。
まだまだ改良の余地ありなデザインなので、今後も可能性を探っていきたいと思っています。
| 吉澤生馬 | 2006/12/10 4:00 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.process5.com/trackback/615307
トラックバック
| | |