PROCESS5 DESIGN




大阪を拠点に関西から全国まで対応する 店舗デザインと住宅設計、建築設計の一級建築士設計デザイン事務所のブログ
オフィシャルサイト
お問い合わせ先:
メールにて info@process5.com
電話にて 06-6536-6336
スタッフ・インターン募集中
会社概要
社名
(株)PROCESS5 DESIGN
一級建築士事務所

連絡先
〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-24 2F
tel:06-6536-6336
fax:06-6536-0660
mail:info@process5.com
hp:http://process5.com

会社理念
プロセスを大切に
プロセスファイブデザイン

大阪南堀江を拠点とする旅館店舗住宅建築の設計デザイン事務所。私たちはこの5つのプロセスを大切にデザインをさせていただいています。まずは「会話」をしましょう。お考えの「要望」・「ニーズ」・「ロケーション」をお聞かせください。きっとそこに新しい可能性が隠れているから。そしてあなたの「個性」と私たちの「個性」が出会い、永く愛してもらえる空間がカタチになります。すべて真っ白な状態から、ご一緒に。インテリアはもちろんのこと、テナント探し、企画段階から、お店づくりに必要なロゴ・販促ツールのデザインもトータルでお手伝いさせていただいております。 お気軽にお問い合わせください。

代表
武田憲昭武田憲昭 一級建築士

代表
吉澤生馬吉澤生馬 インテリアデザイナー

スタッフ
坂井詩織 二級建築士

塩原絢塩原絢 アシスタントデザイナー

山田凌太郎山田凌太郎 アシスタントデザイナー

武澤美由紀武澤美由紀 アシスタントデザイナー

仕事の流れ
仕事の流れをご紹介

設計料
会社について・設計料


ブログアクセス数
access counter
today yesterday
主な業務
旅館・店舗の改装・新装・新築設計デザイン
マンション・住宅のリフォーム・リノベーション・新築設計デザイン
ロゴ・販促ツール・ウェブサイトのグラフィックデザイン
主な賞歴
2018年 日本建築家協会優秀建築選100選
2018年 K DESIGN AWARD受賞
2017年 K DESIGN AWARD受賞
2014年DFAA受賞
2014年NSD受賞
2013年JCD賞BEST100賞
2011年JCD賞BEST100賞
2010年コンクール部門賞
2009年コンテスト優秀賞
2008年実施設計競技1等
2007年ビエンナーレ入選
2007年コンペティション入選
2006年コンテスト佳作
2006年コンペティション入選
2005年実施設計競技2等
ドット
関連サイト
メディア掲載
architecturephoto.net 2017年(日本)掲載
designboom 2016年(日本)掲載
dezeen 2016年(イギリス)掲載
IGNANT 2016年(ベルリン)掲載
DIVISARE 2016年(イタリア)掲載
TIMES SPACE 2011年(中国)掲載
Interior World 2011年(韓国)掲載
AN 2011年(イタリア)掲載
月刊商店建築2011年掲載
4szoba.hu(ハンガリー)掲載
archdaily 2011年(チリ)掲載
KAIAK.TWI 2011年(台湾)掲載
dezeen 2011年(イギリス)掲載
BAMBOO MEDIA 2011年(日本)掲載
婦人画報2010年掲載
婦人画報2010年掲載
TIME SPACE2010年(中国誌)掲載
関西テレビ放送よ〜いドン!2010年掲載
月刊商店建築2009年掲載
月刊商店建築2009年掲載
テレビ朝日秘湯ロマン2009年掲載
カテゴリー
エントリー
リンク
その他
<< F旅館リニューアル計画の現場が始まりました。 | main | F旅館リニューアル計画 (解体工事) >>
PENT HOUSE PROJECT (竣工写真)
先日、竣工した「PENT HOUSE PROJECT」の竣工写真が出来上がりました。
今プロジェクトは、大阪駅から徒歩圏にある商業ビルの10階ワンフロアを、短期滞在型の住居スペース兼ワークスペースへリノベーションしたものです。

計画場所の特徴として淀川を一望でき、毎年8月に行われる淀川花火大会の際は色鮮やかな花火に彩られる大阪の空を室内から楽しむことができます。
周りを雑多なビル群に囲まれながらこの計画場所の恵まれた状況を活かす為、インテリアは控えめな設えを徹底し、空間の主役を人であり外部の風景であることを強調する提案をしました。


メインルーム
正面の特徴あるナグリ加工を施した無垢の木をシンボルとして、全体にダークトーンにまとめられた色彩。またオーディオ機器などを収納するルーバー状の長いカウンター家具がメインルームを貫通し、隣室の和室まで続く。


ナグリ加工壁
無垢材をスプーンでくり抜いたようなテクスチュアを鋭角に照明で照らすことで、よりテクスチュア感が強調されている。
(この壁は某メーカーの施工事例として紹介されます。)


カウンター家具
収納扉をルーバー状にすることで重たい印象を軽減し浮いているように感じる。また、ルーバー状にすることで、オーディオ機器などのリモコン操作を可能としている。
正面の開口部からは空と淀川の風景を望むことができる。


エントランス
内外が繋がるように計画されたライン照明が足元灯となり、人を空間の奥まで導きいれる。


和室
素材の数を限定し、よりシンプルで落ち着きのある空間。


洗面化粧台
3面の壁から少し浮き上がったような表情をみせる。

日々日頃大阪の街の中を忙しく移動しお仕事なさっているクライアントが、
この空間に訪れた時に、少しスローで日常と違った時間が流れている和の空間がちょっとした休息を与える場所であればいいなと思います。


<担当>
PROCESS5 DESIGN OFFICE 武田憲昭
<協力>
共同設計者:木村悟
<協力>
CG制作:G/Cubic CG architect 村中正

大阪を拠点に関西から全国まで対応する
店舗デザインと住宅設計、建築の設計デザイン事務所
PROCESS5 DESIGN
投稿者:武田憲昭

| ペントハウス 住宅リフォーム | 大阪 | 01:18 | comments(0) | trackbacks(0) | process5 design official site |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.process5.com/trackback/793243
トラックバック
| | |